幸福に生きる人の趣味とは

人生を前向きに生きるためにはアクティブな趣味を持てばいいそうですよ。逆に幸福とは思えない人が多かった唯一の趣味がゲームでした。幸福に生きるにはコンフォートゾーンから積極的に抜け出して未知なるものと積極的に関わろうとする姿勢がいいらしいのです。そう言われて自分を省みてみるとスマホやゲームに費やした時間がなんて多いことか。そして新しいことに取り組むことに尻込みしていたことがわかります。まあ、仕事をしてない自分の後ろめたさもありましたし仕方のないことかもしれません。しかし、それが幸福感に繋がるという科学的な証明がされたならもう積極的に出て行くのみです。さあ、何をしましょうかね。山登りもよし、知らない町に行くのもよし、積極的に情報を集めて直感的にやりたいことをやりましょう。特にこれだ!という趣味を無理矢理作らなくてもいいのですから。無理矢理見つける自体ナンセンスです。その時の気分に任せ、風の吹くまま、気ままに出かけましょう

ネットの書き込みはウンコ

よくネットをやってると心無い書き込みを見ます。それを見てしまったらやり場のない気持ちになってしまいますが、書き込んで世論を動かそうとしている人、ネット炎上に積極的に関わっている人は全体の1%もいないそうです。ネットを見てるとスーパーマイノリティの声がマジョリティに見えてきますが実際は極々少数の頭のおかしな人が声高に叫んでいるだけなのです。そんな書き込みに今までいちいち反応してしまいましたが、そういう現実を知ってしまったら腹を立てることすらバカらしくなってしまいました。自分は自分の時間を楽しめばいいのです。周りがなんて言おうが自分の信じた道を突き進めばいいのです。自分の時間を大切にせずSNSを積極的に見て他人の私生活を覗き見ている人は精神的に悪い影響を及ぼしてしまうそうです。他人と自分を比べることは本当に意味のないことどころか嫉妬心や優越感が湧き上がって心が病んでしまうようですね。最近テレビを見るとイライラすることが多いのですが自分の中で拒否反応が起きているんでしょうね。自分の時間をもっと大切にしなさいというメッセージとして受け止めたいと思います。

不安を消すことはできませんが

今日もDAIGOさんに感銘を受けました。今まで不安に陥った時、自分を叱咤激励をして「大丈夫、やればできる」と言い聞かせてきましたがシロクマ効果で余計に不安が際立ってしまって逆効果になるというのです。今までは不安を消そう、消そうとしてきましたが、絶対に消えることはないそうです。逆にそう思うことで増幅してきてしまったようです(^^;;不安は消えませんがDAIGOさんのように上手に利用することで物凄い可能性を秘めた武器にすることができるのです。昨日は内向的な性格が宝物であったことに気づきましたが不安、恐怖も宝物であったのです。やはり自然に沸き起こるものは無理して排除しようとするとどこかでひずみが起きてしまうのが自然の摂理であるようです。自然に出てきたものは自然に受け入れてしまって自分の中で昇華してしまうのがベストな方法なのでしょうね。あと、目標を立てて、それに向かって頑張るのも返って目標から遠ざかるそうです。面白いですね。目標ができて、それを達成するにはどうしたらいいのか考えたら、目標のことを忘れてひたすら実行するのがいいらしいです。まさに今を生きるってことですよね。仏教でも言われてることですがこれが真理のようです。

今まで宝物を捨てようとしていた

DAIGOさんは慶應大学卒で自信にあふれているように見えて、さぞかし恵まれてきた人生を歩んできただろうと思ってました。底辺の人の気持ちなんて知るよしもないだろうと決め込んでいました。しかし本人が言うには意外にも不安感が強く、いじめられっ子だったそうです。そして不安感のおかげで自分を高みに押し上げてくれたと言っています。そして内向的な人はコミュ力が低いのではなく敏感ゆえに人を傷つけることを恐れているだけなんだそうです。つまり外交的な人は鈍いだけで、内向的な人の方がコミュ力はあるそうです。これは衝撃的でした。自分のコミュ力の無さは内向的のせいだと思ってましたから、今までの考え方がひっくり返りました。もちろんまだ疑っているところはありますが。もう無理して変えようとしてきたことは大事に受け入れていいのです。これまで必死に排除してこようとしてきたことは宝物を捨てようとしていたことと同じことでした。もう、無意味に嘆かなくてもいいのです。どうやって活かせるかを考えていきましょう。

コミュニケーション能力を高める方法

いやー、暑いこともあってダラダラしてしまいますね。今日頑張ったことは動揺のメロディをキーボードやギターでポロポロ弾いたことでしょうか。もっと有効に時間を使わないと幸福度は低いままでしょうね。しかしDAIGO さんの動画は面白いですね。圧倒的な知識量と喋りのうまさです。科学的な根拠を示されるので思わず納得してしまいます。今日見て印象に残ったのはコミュニケーション能力を高める方法です。それは海外ドラマを見るだけでEQが高められるそうです。人間関係の機微を観てるうちに自分に反映されていくのでしょう。下手に自分でなんとかしようとして闇雲に人間関係を作ろうとしなくてもいいそうです。そうしようとしてた自分はやはりうまくいかないと考え方をしてるのでしょうね。ちょっとDAIGOさんにハマってみようと思います。きっと人生がうまくいくじぶんには思いもしなかった考え方を持ってることでしょう。

お金よりも大切なもの

DAIGOさんが言うにはお金よりも大切なことがあるそうです。確かにお金は大事ですが一定量あればそれ以上幸福度が上がらないようです。金額にすると年600〜1000万円ぐらいです。さてそのお金よりも大事なものとはズバリ時間だそうです。ちゃんと時間を管理できる人は人生の満足度が高いデータがあります。自分は現在時間が余るほどありますが有効に使えてるでしょうか。使えてない人ほど不満が高いようなのでその通りなのでしょうね。だいたい動画やネットサーフィンでダラダラ過ごしてます。そろそろこの生き方も変えていく頃合いでしょう。自分のやりたいことに時間とお金を投下するのです。もちろんダラダラした時間も必要ですがメリハリをもっとつけましょう。そして人生何を成し遂げたいのかはっきりさせましょう。別に見つからないならそれでいいですが、せめて三日坊主の目標でいいので作ったら楽しくなるのではないでしょうか。楽しくなるものはどんどん取り入れましょう。

ジミー大西を参考に

今朝はテレビ番組の波乱万丈を見ました。ジミー大西がゲストだったのですが、彼の生き方は参考にならないようで大いに参考になりますね。彼ほど本能のままに生きて助けられている人はいないのではないでしょうか。彼の睡眠時間は1日18時間だそうです。その起きてるわずかな時間で現在は絵を描くのはやめて、ボクシングをやっています。それで吉本から給料もらって、さんまさんからお小遣いもらい生活できてしまうのです。若い時はギャンブル、風俗で借金1300万円出来たのになんとかなってしまうのです。ジミーほど他力本願の生き方として参考になる人はいませんね。ジミー本人が何もできないので手を差し伸べたくなるのでしょう。野球部時代にはサインを覚えられなくて地面に計算式を書いてしまって爆笑されたそうです。そんなジミーと比べると自分はなんとか自力で解決しようとしすぎなのではないでしょうか。もっと人に任せてもいいのです。自分は丸投げしてもいいのです。それが人助けになってることを知りましょう。迷惑をかけてるようで実は支え合ってるのです。世の中にはドMなる人種がいるくらいですからね。痛めつけて喜ぶくらいですから全然なんとも無いのですよ。